湖北でうろちょろ・・・後、朽木で水害!      H25.9.14~16
 
 
3連休ですが予定も無く、暇なので湖北方面にうろちょろしてきました。
台風18号が接近中ですが、太平洋側のコースを通る予報なので北の方は影響ないなかな?と思い出発です。(安易な考え・・・これが間違いでした
 
まず土曜日は長浜で散策~♪
何回も来てるんで感動なし・・・でも今日は観光客が少ないですネ
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でも散策するには暑過ぎで、程なく撤退して、
お気に入りの「あねがわ温泉」へ向かいます
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フロントからお風呂に行く長い廊下の途中になぜか?大黒様がおられます。
ここの温泉の泉質は大好きなヌルットしている美人の湯ですが、特にぬるめの炭酸泉の湯船には長時間浸かってられます
 
ゆっくり温泉に入って今晩は道の駅「湖北みずどりステーション」でP泊させてもらいました。夜は寒いくらいで窓を閉めてよく寝られました
 
 
日曜日は、朝から風が強いですが時より日も差していました
今日はキャンパー友達の方々が朽木に集まるらしいので行ってみることにしました。
 
朽木のキャンプ場に着く頃には雨が次第に強くなってきて、皆さんが到着してからは益々ひどい降りに・・・
キャン友さんの提案で、河原キャンプは増水 で危険なので道の駅「朽木本陣」で宴会しようということになり、コンボイで移動しました
この選択が功を奏して、みんな激流に流されずにすんだので「ヨッシーさん」に感謝です
 
雨の中、宴会は盛り上がりましたが夜中12時には撤収して車内で就寝
ですが激しい雨 がキャンカーの天井を打つ音がウルサイです
 
 
翌朝6時前に電話で起こしてもらって、隣の安曇川が溢れそうだと知りました
携帯の災害警報が鳴りっぱなしです
チョットでも高い向かいのコンビニに移動して様子を見ましたが、どうやら朽木村は川が氾濫して道が通行止めになっているので、下に降りられずに孤立状態らしいです・・・
イメージ 3
 
9時ごろまで待機してると、道に車が数台行ったり来たりしていたので様子を見に行くと、所々でガケ崩れや道が冠水していましたが、何とか通れることが判明してキャン友の皆さんに連絡 して、無事に道の駅「藤樹の里あどがわ」に到着できました
 
イメージ 4
 
安曇川の道の駅で道路情報を見ていると、桂川や由良川が氾濫していたりで大災害であることに驚きました 10年に一度の大雨だそうです。
当然、高速道路や峠道などは通行止めで、あちこち道が冠水・・・
しばらく様子見で待機することにしました
 
 
しかし、昼過ぎには日が差すようになり行けるとこまで行ってみようと思い出発!
ちゃっかり大好きな、鳥中の「味付きかしわ」をお土産に買います
イメージ 6
 
 
道が冠水していて泥だらけです・・・
イメージ 5
 
琵琶湖は川からの泥水が流入しているのでグラデーション状態でした
イメージ 7
 
なんとか大渋滞&通行止めの為の迂回をしながら、無事帰宅できました。
 
しかし今回は一歩間違えば命の危険があったり、どえらい目に合いました
 
 
今回の台風で災害に見舞われた所は大変だと思いますが、
ある意味、貴重な体験になり教訓になりました。
しばらく、朽木のキャンプ場は駄目でしょうが・・・